サイド・ショウ
Side Show

あらすじ

1930年代のアメリカ。
腰からお尻の部分が繋がっている結合双生児のバイオレットとデイジーのヒルトン姉妹。

見世物小屋で働かされていた彼女たちは、
ミュージシャンのバディとスカウトのテリーに声を掛けられ、見世物小屋から引き抜かれる事に。

その後、彼らはヒルトン姉妹のデビューの準備をするのだが、
有名になり富と名声を求めているデイジーに反し、バイオレットは結婚して普通の生活を望んでいるのだった。

そんなヒルトン姉妹に対し、大々的なデビューの準備が進められ、
見世物小屋時代から彼女たちを支えていたジェイクが見守るなか、
ついにデビューを迎えたバイオレットとデイジーのヒルトン姉妹のショーは、大成功をおさめる。

スターとしての地位を手にいれたデイジーの夢は叶ったが、
それに反して、バイオレットの夢は遠のいていった。

そんなバイオレットの気持ちを察したバディは、勢いでバイオレットに結婚を申し込むのだった。

しかし、バイオレットとデイジーは結合双生児。

その状況を見ていたテリーとジェイクにも色々な感情が沸き上がり・・・・・。

はたして、それぞれの思いを抱えたヒルトン姉妹と彼女たちの周りにいる男性たちの運命は・・・・・・。

原題 Side Show
劇場 セントジェームス劇場
プレビュー 2014/10/28
初日 2014/11/17
クローズ 2015/01/04
公式サイト http://sideshowbroadway.com/

サイド・ショウ 関連記事

ケビンの鑑賞履歴&感想

Q&A

みどころ

1997年に上演され、レビューでは好評だったにも関わらず、31回のプレビューとわずか91回の公演でクローズした本作品。
しかし、このミュージカルにはカルト的なファンが多く、満を持してのリバイバル上演の開始です。
リバイバル版は、楽曲や振付なども新しくなり、演出は映画版の「シカゴ」の脚本や
映画版の「ドリームガールズ」の脚本・監督の「ビル・コンドン」が担当しております!

楽曲

「ドリームガールズ」の楽曲を手掛け、同作品の映画版ではグラミー賞も受賞した「ヘンリー・クリーガー」が担当しています。
ヘンリーが初めて手掛けたミュージカル音楽は1981年の「ドリームガールズ」で、2作目に手掛けたミュージカルが1983年の「ザ・タップ・ダンス・キッド」。
そして、3作目に手掛けたミュージカルがこの「サイド・ショウ」です!

衣装

「カラー・パープル」、「イン・ザ・ハイツ」、「メンフィス」の衣装を手掛けていた、「ポール・タズウェル」が手掛けています。
見世物小屋では、サーカス団のような奇抜な衣装、ヒルトン姉妹のステージは美しいドレスなど、様々な衣装が登場します!

キャスト

バイオレット役の「エリン・デビー」は、「グレイ・ガーデンズ」、「リトル・ナイト・ミュージック」、「カーテンズ」などに出演しており、
デイジー役の「エミリー・パジェット」は、「ロック・オブ・エイジズ」のシェリー、「グリース」のサンディを演じていました!

ブロードウェイに行く前に・・・

楽曲の予習はこちらでどうぞ!ミュージカルのサントラです!(1997年キャスト盤です。)
●『Side Show (1997 Original Broadway Cast)

動画で内容をチェックしよう!

.

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

このフィールドは空のままにしてください。