紳士のための愛と殺人の手引き
A Gentleman's Guide to Love and Murder

あらすじ

1907年、母を亡くして悲しみにくれていた貧乏な青年モンティ・ナバロ。

そんな彼の目の前に突然現れたのは、母の友人だというみずぼらしい女性、ミス・シングル。
そして彼女は、モンティ・ナバロにこんな話をし始めた。

モンティの亡くなった母は、とある有名な伯爵家の一族の者だったが、
カスティーリャのミュージシャンと駆け落ちをしたっために、その一族から勘当をされてしまった。
よって、モンティには王位を継承する権利があるのだが、
モンティの他に上位8人親族がいるため、彼は9代目であるという事を。

その話を聞いたモンティ・ナバロは、よからぬ考えを思い浮かべる。

「その8人を殺してしまえば、相続権が自分に回ってくる・・・・・。」

そして、さまざまな殺人方法を考えながら伯爵家の親族に近付き、
なんとか相続権を得ようとするモンティ・ナバロなのだが、
はたして彼の運命は・・・・・・。

原題 A Gentleman's Guide to Love and Murder
劇場 ウォルター・カー劇場
上演時間 2時間20分(休憩あり)
プレビュー 2013/10/22
初日 2013/11/17
クローズ 2016/01/17
公式サイト http://www.agentlemansguidebroadway.com/

紳士のための愛と殺人の手引き 関連記事

ケビンの鑑賞履歴&感想

Q&A

トニー賞

【2014年】 作品賞、脚本賞、演出賞、衣装デザイン賞の4部門を受賞!

動画で内容をチェックしよう!

.

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

このフィールドは空のままにしてください。