ピピン
Pippin

あらすじ

リーディングプレイヤー(狂言回し)によって、紹介されるローマ帝国国王の息子、ピピン。

彼はとても優秀な成績で学業を終業したが、そんな事ではピピンの心の中は満たされずにいた。

ピピンは刺激を求め、何か特別で意味がある人生を送りたいと願い、
父親に戦争に参加したいと頼みこみ戦場に足を運ぶが、やはり心は満たされず、
その後、性欲と快楽に身を委ねるのだが、それでも満足する事はなかった。

さらなる特別をもとめ、ピピンは革命を起こし、
自分の父親を殺害して王位を継承するが、それでも彼の心は満たされることはなく、
次は未亡人と共にごくごく普通の生活をおくってみる事を選択するのだが、
それもうまくはいかなかった。

何をしても満足する事のないピピンに対し、
リーディングプレイヤーは、燃えさかる炎に身を投じるという「特別」を用意するのだった。

炎に身を投じる=死。

ピピンはそれを拒否し、何が幸せなのかを真剣に考え始めるのだった。
はたして彼が選んだ人選とは・・・・・・。

原題 Pippin
劇場 ミュージック・ボックス劇場
上演時間 未定
プレビュー 2013/03/23
初日 2013/04/25
クローズ 2015/01/04
公式サイト http://pippinthemusical.com/

ピピン 関連記事

ケビンの鑑賞履歴&感想

Q&A

トニー賞

【2013年】 リバイバル作品賞、主演女優賞(パティーナ・ミラー:リーディング・プレイヤー役)、助演女優賞(アンドレア・マーティン:バーサ役)、演出賞の4部門受賞!

動画で内容をチェックしよう!

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

このフィールドは空のままにしてください。