リガリー・ブロンド
Legally Blonde: The Musical

あらすじ

リガリー・ブロンド

全身をブランド・ファッションで固めたブロンド娘のエル。
ファッション販売促進を専攻する彼女は、

成績優秀で社交クラブの会長も務める学校一の人気者。
ポジティブ思考で、女を磨く努力を惜しまないエルは、順風満帆の人生を送っていた。

そんなある日、政治家志望のボーイフレンド、ワーナーから大切なデートに誘われる。
『きっと、今夜プロポーズされるんだわ!!』
期待に胸を躍らせて彼に会いに行くと、
なんと、『ブロンド娘は政治家の妻にふさわしくない。』という理由でフラれてしまう。
思いもよらないワーナーの言葉に、彼女は失意のどん底に・・・。

しかし、ポジティブ思考のエル。
もう一度ワーナーに振り向いてもらおうと、彼と同じハーバード大学法学部に入学する事を決意。
クラスメートの温かい励ましと努力の甲斐あって、見事難関を突破してハーバード大学法学部に合格!

ところが大学に入ってみると、ワーナーにはすでにヴィヴィアンという婚約者がいた。

その事実を知ったエルが起こした行動とは・・・・・・。

原題 Legally Blonde: The Musical
劇場 パレス劇場
初日 2007
クローズ 2008/10/19

リガリー・ブロンド 関連記事

ケビンの鑑賞履歴&感想

Q&A

トニー賞

受賞歴なし

ブロードウェイに行く前に・・・

英語が分からなくても大丈夫! ほぼ同じ流れでストーリーが進行していく 映画版のDVDが発売されていますので、こちらで予習をどうぞ! (ちなみに、ミュージカル映画ではありませんのでご注意を!)
●『キューティ・ブロンド (特別編)

楽曲の予習はこちらでどうぞ!ミュージカルのサントラです!
●『Legally Blonde [Soundtrack]

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

このフィールドは空のままにしてください。